約3ヶ月で抜け毛減少のプロペシア

男性型脱毛症の治療薬として利用されている医薬品にプロペシアが有ります。
男性型脱毛症は、遺伝子の影響により男性ホルモンの1つとされるテストステロンが、身体の中に存在する酵素と結びつき、DHTと呼ばれる物質に変換されることで薄毛の症状を引き起こすと言う特徴を持ちます。

人間の髪の毛は、成長期の期間が3年から5年という長い期間となるのですが、DHTが作用する事で成長期の期間を3か月ほどにしてしまうのです。
長い時間をかけて、太く、そして長く成長する髪の毛が、僅か3か月と言う短い期間で抜け落ちる事からも薄毛の症状が起きてしまうのです。

プロペシアは、薄毛の症状を作り出すDHTを抑制させる作用が有るのが特徴です。
男性型脱毛症と言った薄毛であるかどうかは専門クリニックでの遺伝子検査を受けることで解りますが、男性型脱毛症と言う診断が下されることで、1日1錠の錠剤を摂取して治療を進めていく事になるのです。

プロペシアは服用するタイプの医薬品で、専門クリニックでは1か月分のプロペシアが処方され、自宅で服用をして治療を進めていく事になります。
尚、1か月分の処方となりますので、薬が無くなる頃に再び専門クリニックに訪れ、治療の効果などを診察して貰った後に、プロペシアの処方が行われると言う事を繰り返して治療を受けていくのです。

3ヶ月ほど服用を続けることで個人差も有りますが、抜け毛が減少するようになるのが特徴です。
これはプロペシアがDHTを抑制させ、ヘアサイクルの乱れを正しくしているからで、髪の毛が生えることで成長期間を正常な状態に変えてくれる効果を持っているのです。

これにより、約3ヶ月と言う期間で抜け毛を防止させることが出来、薄毛の対策が可能になるのです。